めでーの楽らく節約術

キャッシュレスやフリマなどのお得な情報を発信しています。

dポイントをdカードの支払いに充当!「iDキャッシュバック」を活用するdポイントのお得な使い方

iDキャッシュバック dカード dポイント 

 

こんにちは、めでー(@mede-weblog)です。

 

d払いキャンペーンでdポイントが結構貯まってるけど、なんかお得な使い方とかあるんかな?

 

皆さんは貯まったdポイント、どのように消化していますか?

 

ローソンやマックでのポイント利用、d払い、ドコモユーザーであれば電話料金に充当したりすることもできますね。

 

いろんな使い方がありますが、実はdポイントはdカードの支払いに充当できて、お得に利用することもできるんです…!

 

今回は、便利でお得な「iDキャッシュバック」を紹介していくよー

ドコモユーザーじゃなくても活用できるから、dポイントを貯めてる人は必見です…!

 

こんな人におすすめ!

 

✔ d払いやdカードを普段からよく利用している人

✔ dポイント(期間限定含む)をお得に消化したい人

✔ ポイントの失効をよくしてしまう人

 

 

 

 

 

iDキャッシュバックとは

f:id:mypointnews:20210322095427p:plain

 

iDキャッシュバックは、簡単に言うとdカードの付随電子マネー「iD」で支払った料金を請求時にdポイントで充当(減額)できるサービスです。

 

2020年3月までは、dカードの入会特典が「iDキャッシュバック」だったので、それで聞いたことがある人も多いと思います。

 

2020年4月からdカードの入会特典は、iDキャッシュバック残高からdポイントに変更されました。

 

でも、入会時の特典で使ったことはあるけど、その特典以外でも使えるの?と思う人もいると思います。

 

あまり知られていませんが、実はdポイントをiDキャッシュバックの残高に100ポイント100円で等価交換できたりと、意外と便利なサービスなんです!

 

お得で便利になった「iDキャッシュバック」 

f:id:mypointnews:20200825005327p:plain

引用元:dカード公式サイト

 

 

なぜiDキャッシュバックがお得なのかというと、2020年4月1日アップデートで使いやすく、さらに便利になったからです。

 

 

アップデートの内容をまとめると…。

 

● 期間・用途限定ポイントが利用可能に

● 交換ポイント単位が1000Pから100Pに

● 交換レートが 1:1 の等価に

(100ポイント利用=100円相当の充当)

 

 

という感じで、これまで使いにくかった部分がほぼすべて解消されました。

 

やはり、期間・用途限定ポイントを利用できるようになったのが一番大きいと思います。

 

有効期限についても交換してから6か月、さらに以前交換した残高も最新の利用期間に更新されます

 

つまり、どういうこと…?

 

ポイントの有効期限が延長できるっていうこと!

仮に今日で失効するポイントでも、交換しておけば6か月。
適用期間内に追加で交換すれば、その日からさらに6か月延長できるよ。

 

f:id:mypointnews:20210322095035p:plain

3月16日に交換した場合、その日から6か月間の9月15日までが適用期間になります。

 

適用期間中にさらに追加で交換した場合、その月から6か月間が適用期間となり、新しく更新されます。

 

なるほど…。有効期限が近いポイントはとりあえずiDキャッシュバックに交換しておけばOKってことね!

 

 

 

iDキャッシュバックでも各種キャンペーンに参加可能

f:id:mypointnews:20200719005712j:plain

 

iDキャッシュバックで充当した支払いでも、通常の支払い同様に各種キャンペーンやdカードの特約店還元の対象となります。

 

また、通常還元の1%も同様に付与されます。

 

 

スーパー還元プログラムで最大+7%

 

f:id:mypointnews:20210320210547p:plain

引用元:公式サイト

 

 

スーパー還元プログラムは、d払いやdカード(iD)の還元率が最大+7%となるお得な常設キャンペーン

 

dカードの利用状況などで還元率が決まるため+7%まで上げるのは難しいですが、普段からd払いやdカードを利用している人は必見のキャンペーンです。

 

 

dカード特約店で特約店還元

 

f:id:mypointnews:20210320214456j:plain

引用元:公式サイト

 

 

特約店についても通常の支払い同様に、特約店還元の対象となります

 

例えばENEOSであれば200円ごとに1.5%、マツモトキヨシで100円ごとに3%、ジュンク堂書店で200円ごとに1.5%などお得に利用することができます。(2021年3月現在)

 

通常還元1%や特約店など、dカードの特典も活用できるのはうれしいですね。

 

iDキャッシュバックの交換手順

 

交換手順は簡単で、dポイントクラブから申請することができます。

 

サイト上の「つかえるサービス」にiDキャッシュバックの項目があります。

 

f:id:mypointnews:20210322095238p:plain

 

次に、交換する種類を選択します。

2種類あるので間違えないように注意が必要です。

 

● dカード 全ユーザー 月4万まで

● d払い(iD) ドコモユーザー限定 月1万まで

 

 

ややこしいですが、d払い(iD)はバーコード決済ではなく、旧dカードminiの機能を指します。2021年3月現在、d払い(iD)はAndroid限定の機能となっています。

 

ⅾ払い(iD) はドコモユーザー向けの決済機能

※旧dカードmini

 

交換可能額は月1万と少ないですが、還元率は0.5%なので、普通にポイント消化するよりはお得に利用することができます。

 

dカードを持っていないドコモユーザーにはおすすめ

 

 

交換画面に数量という項目があるので、そこに交換したい数を入力します。1セット100ポイントなので、間違えないように入力しましょう

 

例えば5,000ポイント分交換したい場合は、50と入力すればOKです。

 

f:id:mypointnews:20200925002449p:plain

 

最終確認の項目があるので、交換数の確認をすればこれで完了です!

 

f:id:mypointnews:20200925010223p:plain

 

iDキャッシュバックの適用されるタイミング

f:id:mypointnews:20210322095614p:plain

 

月初めの1日に交換申請をした残高はその日から支払いに適用されるわけではないので注意が必要です

 

例えば3月1日に交換した場合、*適用される期間は3月16日からの利用分となります。逆に16日以降に追加した場合は、過去の支払いについても適用の対象となります。

 

3月31日に交換した場合、3月16日からの支払いにも適用されます。dカードの締め日が15日なので、少しややこしくなっていますね。

 

※残高の繰り越しがない場合

 

f:id:mypointnews:20200925011256p:plain

 

iDキャッシュバックが適用されると、利用履歴に【iDキャッシュバック充当】として記載されます。

 

dカードは15日締めで、通常27日頃に支払い金額が確定します。

 

iDキャッシュバックは交換して即時で適用されるわけではなく、締め日から引き落とし日の集計期間に記載されます。少し反映には時間がかかることを覚えておきましょう。

 

 

残高の確認方法

 

iDキャッシュバックは期間・用途限定ポイントも利用できるので、期限が近いポイントを交換していくと、残高が翌月に繰り越されます。

 

残りの残高や有効期限は、dカードサイトの会員ページ、iDキャッシュバック照会から確認できるので、頻繁に交換する人はチェックしておくと便利です。

 

さいごに

今回は、お得なiDキャッシュバックを紹介しました。

 

筆者もd払いキャンペーンなどで付与された期間限定ポイントの消化にいつも活用しています。特約店や通常還元なども対象でお得なので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

今回のまとめ

 

✔ 期間限定ポイントの消化におすすめ

✔ 交換した残高で充当しても通常の1%還元

✔ 半永久的にポイントの期間延長ができる

 

 

 

 

 

あわせて読みたい

 

今回紹介したdカードの「iDキャッシュバック」は実店舗でしか使えませんが、dカードプリペイドであればネットショッピングやd払いでもdポイントをお得に利用することができます。

 

【Pay活】dカードプリペイドをつかってdポイントをお得に使う方法を解説!

 

 

テレビなどで紹介されて注目されている「ポン活」もおすすめの使い方です。ローソンで実質半額でお菓子やジュースが交換できます!

 

【ポン活】ローソンでお菓子やジュースが実質半額以下!知ってる人だけが得をする「お試し引換券」