めでーの楽らく節約術

キャッシュレスやフリマなどのお得な情報を発信しています。

【ポイント移行】他のアカウントにdポイントを送る2つの方法【dポイント】

スポンサーリンク

 

dポイント ポイント移行

 

こんにちは、めでー(@mede_weblog)です。

 

今回は、dポイントを他のアカウントに移行する方法を解説していきます。

 

 

 

 

dアカウントの複数取得について

ドコモショップにてdアカウントの複数所持が可能かと尋ねてみたところ、複数作ってもOKとの回答をいただきました。

 

また、dカードプリペイドについても複数枚発行可能とのことです。

 

 

ただし、アカウントの作成にはドコモショップ もしくは ネットでの本人認証が必要となります。

 

5分ほどで完了しますが、本人確認書類が必要でした。

 

dポイントの移行方法

方法としては2つあります。各方法のメリット、デメリットにも触れつつ確認していきます。

 

 

✔ ポイント共有グループを作成する

✔ d払いアカウントでポイントを送る

 

 

ポイント共有グループを作成する

 

ドコモの機能として、dアカウントを最大20会員までのポイント共有グループを作成することができます。

 

グループを作成することで、自動でポイントを共有・使用することが可能になり、手動でポイント移行をする手間がなくなります。

 

 

ポイント共有グループ

 

 引用元:公式サイト

 

同一名義についても複数のアカウントをグループに追加することが可能です。

 

また、グループの子会員はドコモ回線を利用していなくても利用できます。

 

しかし、グループの代表者はドコモ回線の利用者 もしくは ドコモ光・dカードを利用している場合のみグループの作成が可能です。

 

ドコモ回線を利用していないアカウント(子会員)を追加する場合は、ドコモショップでの申し込みが必要です。

 

無料のサービスですが、手続きが必要なのが難点です。

 

メリット

・一度追加したら自動でポイント移行可能

・20会員まで追加可能

 

デメリット

・ドコモショップでの手続きが必要

・ドコモ回線 / ドコモ光 / dカードのいずれかの利用が必須

 

d払いアプリを利用する

 

この方法は2アカウント間でのdポイント移行の方法になります。

 

 

f:id:mypointnews:20200104213503p:plain
f:id:mypointnews:20200104213517p:plain

引用元:公式サイト

 

d払いアプリにログインしてポイントの移行先を入力することで、手数料無料でリアルタイムにポイントを送ることができます。

 

d払いアプリはログアウトができるので、1端末でポイントの送信・受け取りをすることが可能です。

 

方法としては、連絡先を利用しての送信とQRコードでの送信の2つの方法があります。

 

送信時には、送り先の電話番号 または dポイントクラブ会員番号が必要になります。

 

送れるポイント数は月に3万ポイントまで

 

メリット

・連絡先やQRコードでリアルタイムで送れる

・面倒な手続きが不要

・1端末でもポイント移行可能

 

デメリット

・月に3万ポイントまでしか送れない

・1対1でしかポイントを送れない

 

まとめ

今回は、dポイントのアカウント間でのポイントを移行する2つの方法を紹介しました。

 

ポイント移行を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

あわせて読みたい

【Pay活】dカードプリペイドを使ってdポイントをお得に使う方法を解説!